憎きがんを治療する免疫療法|新しい方法でがん細胞撃退

先生

体の性質を利用する

man

免疫療法は、がん治療またはアレルギー治療などに使われています。がん治療では、人体の持つ免疫力を利用して、がん細胞を弱らせたり、免疫力そのものを強くする方法がとられます。アレルギー治療は、アレルギー反応に対する体の免疫力を徐々に強くする方法です。

詳細を確認する...

免疫力を高めて病気を治す

免疫力を高めて病気を治す

women

人間の身体には自然治癒能力が備わっておりますが、その能力と密接に関係しているのが、白血球やリンパ球です。それらが正常になることで、体温を高めに維持することができ、その結果として免疫力を高めることが可能となります。免疫力を高めることが出来れば、例えがん細胞が出来ても、ナチュラルキラー細胞、リンパ球、好中球などの免疫細胞が排除するため、がん細胞の増殖に至らないのです。つまり、病気が治るということは、免疫細胞を活性化させることであり、その点に注目したのが「免疫療法」と呼ばれる療法です。 免疫療法は、がん治療の最前線と言われており、患者が持っている免疫力を利用して治療を行うため、副作用がないという点においても、従来の治療法とは一線を画すものとなっています。

様々な免疫を組み合わせる

現在、免疫療法によるがん治療には2種類あると言われています。がんだけを狙い打つ「特異的免疫療法」と、非特異的な免疫力を高めることで、免疫力全体の底上げをして坑腫瘍効果を狙う「非特異的免疫療法」です。 これらの療法は、他のがん治療である手術、抗がん剤、放射線治療などと組み合わせて行うことで、強い効果を発揮すると言われています。 また免疫療法に関して言えば、食事内容が非常に大切になってきます。一般的に健康食と言われるものでも、例えば冷たいものなどは、白血球数が少なく、リンパ球の比率が低い日本人には、特に向いていないと言われます。 日本人は、温かい食事を心がけて、その中に玄米菜食や、がん細胞を殺すといわれるフコイダンを多く含むめかぶなどの海草食品を、日常的に摂取することがおススメです。

自分の細胞を使う治療

man

免疫療法は、患者自身の免疫細胞を使う治療法のため、身体にかける負担も少なく、今後ますます進歩していくことが期待されています。ただ、現時点では効果が見られない例もあり、また費用が高額になりやすいといったデメリットもあります。その点をおさえた上で、治療法の選択の一つとして検討することが望まれます。

詳細を確認する...

自分の免疫力で治す

women

免疫療法というのはがんの治療方法の一種で、自分の免疫力を高めて病気を治す方法です。今は特に、がん細胞のみを攻撃する特異型免疫療法が主流になっています。副作用がないのが大きなメリットですが、まだそれほど普及しておらず、従って治療を受けられる病院が限られ、また保険の適用が効かないことがあります。

詳細を確認する...